イベント

-ハバロフスクのイベント最新情報-
ハバロフスク市内で開催されるお祭りや催しなどのイベント最新情報を、ハバロフスク在住の日本語の話せる現地旅行スタッフや日本人留学生がレポートします。ロシア伝統のお祭りや、ロシアで人気の演劇やサーカスなどの公演情報やイベント情報など、滞在中にぜひ足を運んで欲しい期間限定のおすすめ情報をいち早くお届けします。

ナナイ族の民族衣装
イベント

パリの美術館で展示されたナナイ人のテキスタイルに驚かされる

ハバロフスク郊外の先住民族ナナイ人の伝統的テキスタイルは、国際的にも高く評価されており、細かい文様は魔除けのような宗教的な意味があります。その昔アムール川でとれるサケやマスなどの淡水魚の皮を使い衣装や靴、カバンを作っていました。極東ロシアは様々な先住民族がいますが、ナナイ人のテキスタイル文化ほどユニークなものはありません。

ロシアでは1月7日がクリスマスの日
イベント

今日(1月7日)はロシアではクリスマスを祝う日です

ロシアでは1月7日がクリスマスの日。これはロシア正教がユリウス暦という古い暦を採用しているためです。サンタクロースならぬジェット・マロ―スと呼ばれる白髭のおじいさんと、孫娘のスネグーラチカがクリスマスの主人公です。この時期になるとロシアのクリスマスツリーであるヨールカや電飾の仕込まれた氷の彫刻で夜は明るく賑やかです。

ボルダリングのジム
イベント

ボルタリングの盛んな町、ハバロフスク近郊の絶景スポット

ハバロフスクにはフツィール国立自然公園という大自然の絶景スポットが。二人の兄弟の丘という伝説の岩のスポットに、人々はハイキングなどを楽しむために訪れます。この丘は外岩ボルダリングも楽しむことができ、オリンピックでスポーツククライミング競技が新たに追加された為、大会を目指している選手も。市内にボルダリングのジムもあります

民間音楽博物館
イベント

ソ連時代のロシア人の音楽体験を再現する貴重な記録を展示「民間音楽博物館」

ハバロフスクには2018年夏に地元の若いカップルが開設した、民間音楽博物館があります。ヴィンテージ・СССР(ソ連)・ディスコの部屋に分かれおり、特に興味深いのはボーン・ミュージックというソビエト時代のレコード。政府に禁止された西側の音楽を聴くために、不要になったレントゲン写真に溝を掘り、録音した貴重なコレクションです

郊外のクラブ風レストランバーのエホー。
イベント

ハバロフスクの遊び心あふれるエンタメバー2軒を紹介します

遊び心あるバーをご案内。ウエスタンバーの様なハーレーダビッドソン・バー。ライブやダンスフロアのスペースもあり、ウォッカベースでフルーティなテイストとミントのカクテルがオススメ。もう一軒は郊外のクラブ風レストランバーのエホー。ギリシア神話に登場する森をイメージしたフロアで、ロシアらしいフルーツや木の実を使ったカクテルも。

イベント

まだ誰も知らないオホーツク海のホエールウォッチングの聖地「シャンタル諸島」

ハバロフスク政府観光局が一押ししているのがシャンタル諸島です。世界の旅行マニアの間でも、まだ知られていないホエールウォッチングの聖地。シャンタル諸島は大小15の島から成り、島々をボートで移動しキャンプしながらの冒険旅行になります。年間観光客は多くて100名程。キャンプ地そばの海辺でホッキョククジラの姿が見られます。

ハバロフスク紹介本
イベント

ハバロフスクの数少ない情報源となる本を紹介します

ハバロフスクは極東ロシアの美しい町ですが、まだ多くの日本人に知られていないため情報も少ないです。そんな中でもハバロフスクについて書かれた本をいくつかご紹介。72時間を目一杯楽しむことをテーマにしたPlatシリーズの1冊で、コンパクトでありながら、中身は濃いです。他にも数冊ご紹介します。