地元で人気のビヤバー
ロシアのお酒といえば、アルコール度数が高いウォッカが有名ですが、最近のロシア…
お立ち寄りスポット
甘くてクセになる珍しいお菓子
ロシア人は甘いものが大好きなので、お菓子の種類がハンパじゃありません。日本と…
お立ち寄りスポット
ロシアと中国との国境の村へ
ハバロフスクは大河アムールのほとりにあるロシアの町です。では、川の向こうはど…
お立ち寄りスポット
お立ち寄りスポット

ロシアからお隣の国、中国を川越しに眺める国境の村へ

市内から車で南へ約40km走ると検問が現れます。川辺に降りていくと、対岸に中国最東端の町、撫遠が目の前に。中国人観光客を乗せた遊覧船は、ロシア側のそばを航行していきます。展望台から近くにあるカザケヴィチェボ村の博物館には、ロシア人の建てた木造家屋や家族の写真など当時の生活様式や、村の歴史を見ることが出来ます。

お立ち寄りスポット

夏のディナモ公園の歩き方~ちょっと微妙!?なチェブラーシカ像とロシアアイス~

ハバロフスクは緑の多い町で、憩いの場となる公園が沢山。中でもディナモ公園は東京ドーム7個分の広さ。夏になると並木や花壇の花が咲き、家族連れや若者たちが繰り出します。面白いのが、国民的人気のチェブラーシカなどテレビアニメキャラクターの銅像が公園内に並んでいること。地元アイスクリーム会社[カメリヤ]のアイススタンドも人気!

お土産

芸術的なコスメづくりを目指すモスクワの高級ブランド「Pure Love」

「Pure Love」はモスクワのメーカーで、芸術的な化粧品づくりをコンセプトに、高級路線の商品を販売。現代的でありながらナチュラル志向のスキンケア、ボディーケア、ヘアケア製品を生産しています。とは言え、植物由来、ナチュラルというより、科学的な有効成分が凝縮した商品ラインナップになっています。

エンタメ

まだ誰も知らないオホーツク海のホエールウォッチングの聖地「シャンタル諸島」

ハバロフスク政府観光局が一押ししているのがシャンタル諸島です。世界の旅行マニアの間でも、まだ知られていないホエールウォッチングの聖地。シャンタル諸島は大小15の島から成り、島々をボートで移動しキャンプしながらの冒険旅行になります。年間観光客は多くて100名程。キャンプ地そばの海辺でホッキョククジラの姿が見られます。

お土産

ハバロフスクみやげはハチミツやハーブティなどの自然派食品がおすすめです

旅先でおみやげに何を買えばいいのか、悩むことはありませんか。極東ロシアには、家族や友人、会社の同僚への魅力的なおみやげがたくさん。ハバロフスクみやげは自然派食品がオススメ。シベリアの森で養蜂されたハチミツやハーブティ、オホーツク海のシーソルトや昆布、ウニ入りのチョコレートなど極東ロシアで生産された食品の箱詰めです。

ハバロフスク紹介本
エンタメ

ハバロフスクの数少ない情報源となる本を紹介します

ハバロフスクは極東ロシアの美しい町ですが、まだ多くの日本人に知られていないため情報も少ないです。そんな中でもハバロフスクについて書かれた本をいくつかご紹介。72時間を目一杯楽しむことをテーマにしたPlatシリーズの1冊で、コンパクトでありながら、中身は濃いです。他にも数冊ご紹介します。

ロシアコスメのシャンプーとコンディショナー
お土産

リゾートで有名な冬季五輪ソチ生まれのコスメはメンズもおすすめです

2014年冬期オリンピックが開催されたロシアのソチという町。今回は、そのソチブランド「クラスノポリャンスカヤ・コスメティカ」をご紹介。自然由来成分を使用し、ヨーロッパ基準も満たした品質で製造。7ヘクタールの自社の敷地で原材料の栽培、製造を一貫して行っており「Old Boys」という男性向けの商品ラインも展開しています。

ハバロフスクの路面電車
公共施設

乗るだけで市内観光が楽しめるハバロフスクの路面電車

なかなか味があって、愛嬌もあるハバロフスクの路面電車。車窓からの街並みの眺めるだけで、かわいくてフォトジェニックな建築が楽しめます。さらに運賃が安くひと乗り26ルーブル(約40円)。路面電車を使って郊外のスポットに行くケースは少ないですが、ハバロフスク国立サーカスには1番か2番に乗れば行くことができます。

お立ち寄りスポット

世界のインポートビールが600種揃う地元で人気のビヤバー

クラフティ・フォクスは地元ロシアビールではなく、海外のインポートビールを600種揃えているという個性派のビヤバー。普段飲み慣れた国産ビールでなく、インポートビールで気分を変えたいのはロシア人も同じ。特に東欧やコーカサスなどの珍しいビールもあるので、気さくなバーテンさん達に「最近入荷したビールを教えて」と尋ねてみては?

ボストーチヌィエ・スラードスチ
お立ち寄りスポット

甘くてクセになる中央アジアの珍しいお菓子を見つけにいこう

ロシア人は甘いものが大好きで。中央アジアからお菓子が入ってきた歴史があり、甘くてクセになるスイーツが沢山!中央アジアお菓子の専門店ボストーチヌィエ・スラードスチは種類も豊富。小麦の生地をたっぷりハチミツに浸したお菓子バメーや、パイ生地を何層にも重ねて、アーモンドやクルミをトッピングしたパフラヴァなど目移りしてしまいます

お立ち寄りスポット

ロシアからお隣の国、中国を川越しに眺める国境の村へ

市内から車で南へ約40km走ると検問が現れます。川辺に降りていくと、対岸に中国最東端の町、撫遠が目の前に。中国人観光客を乗せた遊覧船は、ロシア側のそばを航行していきます。展望台から近くにあるカザケヴィチェボ村の博物館には、ロシア人の建てた木造家屋や家族の写真など当時の生活様式や、村の歴史を見ることが出来ます。

お立ち寄りスポット

夏のディナモ公園の歩き方~ちょっと微妙!?なチェブラーシカ像とロシアアイス~

ハバロフスクは緑の多い町で、憩いの場となる公園が沢山。中でもディナモ公園は東京ドーム7個分の広さ。夏になると並木や花壇の花が咲き、家族連れや若者たちが繰り出します。面白いのが、国民的人気のチェブラーシカなどテレビアニメキャラクターの銅像が公園内に並んでいること。地元アイスクリーム会社[カメリヤ]のアイススタンドも人気!

お土産

芸術的なコスメづくりを目指すモスクワの高級ブランド「Pure Love」

「Pure Love」はモスクワのメーカーで、芸術的な化粧品づくりをコンセプトに、高級路線の商品を販売。現代的でありながらナチュラル志向のスキンケア、ボディーケア、ヘアケア製品を生産しています。とは言え、植物由来、ナチュラルというより、科学的な有効成分が凝縮した商品ラインナップになっています。

エンタメ

まだ誰も知らないオホーツク海のホエールウォッチングの聖地「シャンタル諸島」

ハバロフスク政府観光局が一押ししているのがシャンタル諸島です。世界の旅行マニアの間でも、まだ知られていないホエールウォッチングの聖地。シャンタル諸島は大小15の島から成り、島々をボートで移動しキャンプしながらの冒険旅行になります。年間観光客は多くて100名程。キャンプ地そばの海辺でホッキョククジラの姿が見られます。

お土産

ハバロフスクみやげはハチミツやハーブティなどの自然派食品がおすすめです

旅先でおみやげに何を買えばいいのか、悩むことはありませんか。極東ロシアには、家族や友人、会社の同僚への魅力的なおみやげがたくさん。ハバロフスクみやげは自然派食品がオススメ。シベリアの森で養蜂されたハチミツやハーブティ、オホーツク海のシーソルトや昆布、ウニ入りのチョコレートなど極東ロシアで生産された食品の箱詰めです。

ハバロフスク紹介本
エンタメ

ハバロフスクの数少ない情報源となる本を紹介します

ハバロフスクは極東ロシアの美しい町ですが、まだ多くの日本人に知られていないため情報も少ないです。そんな中でもハバロフスクについて書かれた本をいくつかご紹介。72時間を目一杯楽しむことをテーマにしたPlatシリーズの1冊で、コンパクトでありながら、中身は濃いです。他にも数冊ご紹介します。

ロシアコスメのシャンプーとコンディショナー
お土産

リゾートで有名な冬季五輪ソチ生まれのコスメはメンズもおすすめです

2014年冬期オリンピックが開催されたロシアのソチという町。今回は、そのソチブランド「クラスノポリャンスカヤ・コスメティカ」をご紹介。自然由来成分を使用し、ヨーロッパ基準も満たした品質で製造。7ヘクタールの自社の敷地で原材料の栽培、製造を一貫して行っており「Old Boys」という男性向けの商品ラインも展開しています。

ハバロフスクの路面電車
公共施設

乗るだけで市内観光が楽しめるハバロフスクの路面電車

なかなか味があって、愛嬌もあるハバロフスクの路面電車。車窓からの街並みの眺めるだけで、かわいくてフォトジェニックな建築が楽しめます。さらに運賃が安くひと乗り26ルーブル(約40円)。路面電車を使って郊外のスポットに行くケースは少ないですが、ハバロフスク国立サーカスには1番か2番に乗れば行くことができます。