チェーホフが過ごしたサハリン
かつてサハリンに在住していた中川善博さんのモノクロフォト紀行。今回は、ロシアの…
サハリン
宗谷海峡を越えるサハリン桜前線
お花見シーズンのことなどすっかり忘れていた5月の今日のこの頃、サハリンでは桜が…
サハリン
サハリンで思い浮かぶもの
稚内在住の中川善博さんは、2017年4月から2019年3月まで、サハリンに在住していま…
サハリン
MONOCHROME-モノクローム寫眞「サハリンで思い浮かぶもの」中川善博作品
サハリン

MONOCHROME-モノクローム寫眞「サハリンで思い浮かぶもの」中川善博作品

日本から近いにも関わらず、多くの日本人にとって未知なる島の姿を撮り続けていた中川善博さん。ウラジオストクチャンネル同様、ハバロフスクチャンネルも昨今の状況では、以前のように頻繁に更新することは難しいのですが、2017年~2019年までサハリンに在住していた中川さんが撮りためた作品をいただきます。

ウスペンスキー教会
お立ち寄りスポット

いまのハバロフスクの街の様子を空撮動画でご案内します

最近、ロシアではドローンを使った空撮動画を撮るのが盛んなようで、さまざまな映像が送られてきます。まだしばらく寒い日が続くハバロフスクの今の動画ですが、代表的な建物をドローンで撮影した画像は、まるで映画のよう!写真で見るのとは一味違いますね。空撮動画に映っているスポットについて解説します。

サハリンのロシア正教会のミサに行ったら心が震えました
サハリン

サハリンのロシア正教会のミサに行ったら心が震えました

ユジノサハリンスクの教会を訪れた際、ミサが行われていました。厳かな賛美歌と香炉の乳香に包まれ、中世の様な神秘的な時間が。堂内にはキリストの十字架像をはじめ、数多くの使徒達、壁画やステンドグラスがあり、信者達は自ら選んだ像やイコンの前で祈ります。日曜朝のミサに行ってみるのもお勧めです。

極寒のハバロフスクから届いた新年とクリスマスの便り
ニュース

極寒のハバロフスクから届いた新年とクリスマスの便り

ロシアでも干支はあり、中国や日本と同様2022年はトラ年。ロシアではクリスマスは新年のあとの1/7にあります。ハバロフスクではあちこちにサンタやヨールカ、クリスマスツリーがまだ置かれています。ロシア人にとって、新年の平安や幸福を祈るクリスマスは日本人の初詣でみたいなものかもしれません。

サハリンやハバロフスクでもクリスマスの準備が整いました
イベント

サハリンやハバロフスクでもクリスマスの準備が整いました

12月のユジノサハリンスクはすっかり雪景色。レーニン広場では大きなクリスマスツリーが飾られ街並みは、オレンジの街灯と相まってとてもシック。寒冷地であるロシアでは最低気温ー20度、最高気温ー10度。外では大体の人が帽子を被っていて、ロシアでは冬の寒さで脳が腐るという滑稽話がある位、寒さには敏感な様。

野生のアムールトラの生息地を訪ねるトレッキングツアー
ツアー

野生のアムールタイガ―の生息地を訪ねるトレッキングツアー

シベリア各地で森林伐採の進む現在、アムールトラたちは絶滅の危機に直面しています。野生のアムールトラの生息地を訪ねるトレッキングツアーは、トラが定住している狩猟地区の敷地内で行われ、プログラムにはアムールトラの保護プログラムの紹介、猟師の冬用小屋見学、猟師達との交流、ガイド付き森林ツアーが含まれます。

ハバロフスクで日本語を学ぶ中高生から素敵なビデオレターが届きました
ハバロフスク便り

ハバロフスクで日本語を学ぶ中高生から素敵なビデオレターが届きました

ハバロフスク在住の日本語教師、マフラコワ・アレクサンドラ先生が学生と一緒に日本センターのセミナーに参加し、ラジオストクとハバロフスクの魅力をYouTubeとインスタグラムで伝えるプロジェクトを知りました。学生達をプロジェクトに参加させたいと思い、外国語教室の学生たちが日本語でハバロフスクを紹介するビデオを作ってくれました。

サハリン観光の新しいイメージづくりのための戦略をお話しします
サハリン

サハリン観光の新しいイメージづくりのための戦略をお話しします

前回のセミナー第3部。サハリンの戦略を考える上でウラジオストクが持つ都会観光との差別化が重要です。実際、世界的に都会的観光でなく、素朴な暮らしへの憧れへと変化しています。サハリンのロシアの生活文化とスローライフを最もわかりやすく伝える素材に、ダーチャやバーニャがあるのではないででしょうか。

MONOCHROME-モノクローム寫眞「チェーホフが過ごしたサハリンの町」
サハリン

MONOCHROME-モノクローム寫眞「チェーホフが過ごしたサハリンの町」

かつてサハリンに在住していた中川善博さんのモノクロフォト紀行。今回は、ロシアの文豪チェーホフが過ごしたサハリン北部の町を訪ねた話。日本の演劇界でも取上げられているチェーホフ作品。劇作家として高名である他方、なかなかに独特な人生を歩んでいる側面も在るチェーホフの面影を追いながら、バスや夜行列車でアレクサンドロフスク・サハリンスキーを旅します。

MONOCHROME-モノクローム寫眞「宗谷海峡を越えるサハリン桜前線」
サハリン

MONOCHROME-モノクローム寫眞「宗谷海峡を越えるサハリン桜前線」

日本国内で「桜」が話題になるのは3月下旬〜、地域によっては4月後半頃までだろうか。所謂”桜前線”だが、実は宗谷海峡を越えてサハリンの街でも、稚内等の北海道北側で見受けられるエゾヤマザクラが、毎年花を咲かせている。稚内の数日〜1週間後だが、ユジノサハリンスク辺りでもエゾヤマザクラが花を咲かせる光景は、「人為的な境界」を超えた何かを感じさせる。

MONOCHROME-モノクローム寫眞「サハリンで思い浮かぶもの」中川善博作品
サハリン

MONOCHROME-モノクローム寫眞「サハリンで思い浮かぶもの」中川善博作品

日本から近いにも関わらず、多くの日本人にとって未知なる島の姿を撮り続けていた中川善博さん。ウラジオストクチャンネル同様、ハバロフスクチャンネルも昨今の状況では、以前のように頻繁に更新することは難しいのですが、2017年~2019年までサハリンに在住していた中川さんが撮りためた作品をいただきます。

ウスペンスキー教会
お立ち寄りスポット

いまのハバロフスクの街の様子を空撮動画でご案内します

最近、ロシアではドローンを使った空撮動画を撮るのが盛んなようで、さまざまな映像が送られてきます。まだしばらく寒い日が続くハバロフスクの今の動画ですが、代表的な建物をドローンで撮影した画像は、まるで映画のよう!写真で見るのとは一味違いますね。空撮動画に映っているスポットについて解説します。

サハリンのロシア正教会のミサに行ったら心が震えました
サハリン

サハリンのロシア正教会のミサに行ったら心が震えました

ユジノサハリンスクの教会を訪れた際、ミサが行われていました。厳かな賛美歌と香炉の乳香に包まれ、中世の様な神秘的な時間が。堂内にはキリストの十字架像をはじめ、数多くの使徒達、壁画やステンドグラスがあり、信者達は自ら選んだ像やイコンの前で祈ります。日曜朝のミサに行ってみるのもお勧めです。

極寒のハバロフスクから届いた新年とクリスマスの便り
ニュース

極寒のハバロフスクから届いた新年とクリスマスの便り

ロシアでも干支はあり、中国や日本と同様2022年はトラ年。ロシアではクリスマスは新年のあとの1/7にあります。ハバロフスクではあちこちにサンタやヨールカ、クリスマスツリーがまだ置かれています。ロシア人にとって、新年の平安や幸福を祈るクリスマスは日本人の初詣でみたいなものかもしれません。

サハリンやハバロフスクでもクリスマスの準備が整いました
イベント

サハリンやハバロフスクでもクリスマスの準備が整いました

12月のユジノサハリンスクはすっかり雪景色。レーニン広場では大きなクリスマスツリーが飾られ街並みは、オレンジの街灯と相まってとてもシック。寒冷地であるロシアでは最低気温ー20度、最高気温ー10度。外では大体の人が帽子を被っていて、ロシアでは冬の寒さで脳が腐るという滑稽話がある位、寒さには敏感な様。

野生のアムールトラの生息地を訪ねるトレッキングツアー
ツアー

野生のアムールタイガ―の生息地を訪ねるトレッキングツアー

シベリア各地で森林伐採の進む現在、アムールトラたちは絶滅の危機に直面しています。野生のアムールトラの生息地を訪ねるトレッキングツアーは、トラが定住している狩猟地区の敷地内で行われ、プログラムにはアムールトラの保護プログラムの紹介、猟師の冬用小屋見学、猟師達との交流、ガイド付き森林ツアーが含まれます。

ハバロフスクで日本語を学ぶ中高生から素敵なビデオレターが届きました
ハバロフスク便り

ハバロフスクで日本語を学ぶ中高生から素敵なビデオレターが届きました

ハバロフスク在住の日本語教師、マフラコワ・アレクサンドラ先生が学生と一緒に日本センターのセミナーに参加し、ラジオストクとハバロフスクの魅力をYouTubeとインスタグラムで伝えるプロジェクトを知りました。学生達をプロジェクトに参加させたいと思い、外国語教室の学生たちが日本語でハバロフスクを紹介するビデオを作ってくれました。

サハリン観光の新しいイメージづくりのための戦略をお話しします
サハリン

サハリン観光の新しいイメージづくりのための戦略をお話しします

前回のセミナー第3部。サハリンの戦略を考える上でウラジオストクが持つ都会観光との差別化が重要です。実際、世界的に都会的観光でなく、素朴な暮らしへの憧れへと変化しています。サハリンのロシアの生活文化とスローライフを最もわかりやすく伝える素材に、ダーチャやバーニャがあるのではないででしょうか。