お土産に良いロシア自然派食品
みなさん、こんにちは! 旅行先でおみやげを買うとき、何を買えばいいのかわからな…
お土産
ハバロフスクの情報源となる本
ハバロフスクは極東ロシアにある美しい町ですが、残念ながら、まだ多くの日本人には…
お土産
ソチ生まれの自然派コスメ
みなさんは2014年2月に冬季オリンピックが開催されたロシアのソチという町をご存知…
お土産
ロシアコスメのシャンプーとコンディショナー
お土産

リゾートで有名な冬季五輪ソチ生まれのコスメはメンズもおすすめです

2014年冬期オリンピックが開催されたロシアのソチという町。今回は、そのソチブランド「クラスノポリャンスカヤ・コスメティカ」をご紹介。自然由来成分を使用し、ヨーロッパ基準も満たした品質で製造。7ヘクタールの自社の敷地で原材料の栽培、製造を一貫して行っており「Old Boys」という男性向けの商品ラインも展開しています。

ハバロフスクの路面電車
公共施設

乗るだけで市内観光が楽しめるハバロフスクの路面電車

なかなか味があって、愛嬌もあるハバロフスクの路面電車。車窓からの街並みの眺めるだけで、かわいくてフォトジェニックな建築が楽しめます。さらに運賃が安くひと乗り26ルーブル(約40円)。路面電車を使って郊外のスポットに行くケースは少ないですが、ハバロフスク国立サーカスには1番か2番に乗れば行くことができます。

人気のロシアブランド、天然素材のコスメ5品
お土産

ハバロフスクで買える人気のロシアブランド、天然素材のコスメ5品

ハバロフスクのブロスコモール内にあるZolotoe Yablokoで購入可能なメーカーをご紹介。 創設者夫婦が娘の誕生をきっかけに、天然の力や自然の美しさを引き出す製品作りのLevranaと、シックなデザイン&リーズナブルなのに植物由来成分使用の安全な製品を提供するMasterskaya OlesiMustaevoi。

ハバロフスク地方青年劇場
お立ち寄りスポット

アールヌーヴォーの町、ハバロフスクで建築を見て歩こう

19世紀半ばアムール川ほとりに建設されたハバロフスクには、当時フランスで一斉風靡していたアールヌーヴォー様式の建築が数多くあります。植物をモチーフにした装飾的なファサードや、曲線を描く美しい形状のデザインは、眺めているだけでも楽しめます。ムラヴィヨフ・アムールスキー通り中心に、ハバロフスクのアールヌーヴォー建築をご紹介

ショッピングモール「BROSKO MALL(ブロスコモール)」
お土産

ロシアコスメを買うならブロスコモールの「Zolotoe Yabloko」に行きましょう

ロシアコスメをいくつか紹介してきましたが、これらのブランドを手にとって買い求めたい方は、ハバロフスクのショッピングモール「BROSKO MALL(ブロスコモール)」に行くことをおすすめします。ロシアコスメが豊富で、日本のドラッグストアより断然おしゃれ。カジュアルな感じの美容部員が、お客様のメイクにいそしんでいます。

お土産

ロシアの地方発コスメブランド「Zaharova」と「AIVA」のこだわりに注目

今回はこだわりを持っているコスメをご紹介。シベリア西部の中心都市オムスクのZaharovaは、開発過程を公開しており、原材料や生産者の顔が見える安心感があります。もう1つは、モスクワ南方の黒海東岸に位置するクラスノダールのAIVA。医学分野出身者が立上げたメーカーで、安心な化学成分と自然由来成分をうまく使用しています。

ロシアコスメ「mi&ko」
お土産

ロシアコスメ「mi&ko」のナチュラルなスキンケア商品5点を紹介します

今回はご紹介するmi&koは、化粧品だけでなく洗剤や衛生用品、トイレッタリー製品も扱うメーカー。子供用アイテムや、男性向け製品もあり家族みんなで使えます。「自然にも、使う人にも優しい製品を選びたい」という方にオススメ。

お土産

ハバロフスクみやげはハチミツやハーブティなどの自然派食品がおすすめです

旅先でおみやげに何を買えばいいのか、悩むことはありませんか。極東ロシアには、家族や友人、会社の同僚への魅力的なおみやげがたくさん。ハバロフスクみやげは自然派食品がオススメ。シベリアの森で養蜂されたハチミツやハーブティ、オホーツク海のシーソルトや昆布、ウニ入りのチョコレートなど極東ロシアで生産された食品の箱詰めです。

ハバロフスク紹介本
エンタメ

ハバロフスクの数少ない情報源となる本を紹介します

ハバロフスクは極東ロシアの美しい町ですが、まだ多くの日本人に知られていないため情報も少ないです。そんな中でもハバロフスクについて書かれた本をいくつかご紹介。72時間を目一杯楽しむことをテーマにしたPlatシリーズの1冊で、コンパクトでありながら、中身は濃いです。他にも数冊ご紹介します。

ロシアコスメのシャンプーとコンディショナー
お土産

リゾートで有名な冬季五輪ソチ生まれのコスメはメンズもおすすめです

2014年冬期オリンピックが開催されたロシアのソチという町。今回は、そのソチブランド「クラスノポリャンスカヤ・コスメティカ」をご紹介。自然由来成分を使用し、ヨーロッパ基準も満たした品質で製造。7ヘクタールの自社の敷地で原材料の栽培、製造を一貫して行っており「Old Boys」という男性向けの商品ラインも展開しています。

ハバロフスクの路面電車
公共施設

乗るだけで市内観光が楽しめるハバロフスクの路面電車

なかなか味があって、愛嬌もあるハバロフスクの路面電車。車窓からの街並みの眺めるだけで、かわいくてフォトジェニックな建築が楽しめます。さらに運賃が安くひと乗り26ルーブル(約40円)。路面電車を使って郊外のスポットに行くケースは少ないですが、ハバロフスク国立サーカスには1番か2番に乗れば行くことができます。

人気のロシアブランド、天然素材のコスメ5品
お土産

ハバロフスクで買える人気のロシアブランド、天然素材のコスメ5品

ハバロフスクのブロスコモール内にあるZolotoe Yablokoで購入可能なメーカーをご紹介。 創設者夫婦が娘の誕生をきっかけに、天然の力や自然の美しさを引き出す製品作りのLevranaと、シックなデザイン&リーズナブルなのに植物由来成分使用の安全な製品を提供するMasterskaya OlesiMustaevoi。

ハバロフスク地方青年劇場
お立ち寄りスポット

アールヌーヴォーの町、ハバロフスクで建築を見て歩こう

19世紀半ばアムール川ほとりに建設されたハバロフスクには、当時フランスで一斉風靡していたアールヌーヴォー様式の建築が数多くあります。植物をモチーフにした装飾的なファサードや、曲線を描く美しい形状のデザインは、眺めているだけでも楽しめます。ムラヴィヨフ・アムールスキー通り中心に、ハバロフスクのアールヌーヴォー建築をご紹介

ショッピングモール「BROSKO MALL(ブロスコモール)」
お土産

ロシアコスメを買うならブロスコモールの「Zolotoe Yabloko」に行きましょう

ロシアコスメをいくつか紹介してきましたが、これらのブランドを手にとって買い求めたい方は、ハバロフスクのショッピングモール「BROSKO MALL(ブロスコモール)」に行くことをおすすめします。ロシアコスメが豊富で、日本のドラッグストアより断然おしゃれ。カジュアルな感じの美容部員が、お客様のメイクにいそしんでいます。

お土産

ロシアの地方発コスメブランド「Zaharova」と「AIVA」のこだわりに注目

今回はこだわりを持っているコスメをご紹介。シベリア西部の中心都市オムスクのZaharovaは、開発過程を公開しており、原材料や生産者の顔が見える安心感があります。もう1つは、モスクワ南方の黒海東岸に位置するクラスノダールのAIVA。医学分野出身者が立上げたメーカーで、安心な化学成分と自然由来成分をうまく使用しています。

ロシアコスメ「mi&ko」
お土産

ロシアコスメ「mi&ko」のナチュラルなスキンケア商品5点を紹介します

今回はご紹介するmi&koは、化粧品だけでなく洗剤や衛生用品、トイレッタリー製品も扱うメーカー。子供用アイテムや、男性向け製品もあり家族みんなで使えます。「自然にも、使う人にも優しい製品を選びたい」という方にオススメ。